MPOWの完全ワイヤレスイヤホン「M5」がレザーケース&IPX7防水で期待以上の高音質

5000円台でこの高音質。

今回は、MPOW社から提供いただいた新製品「M5」をご紹介します。

本製品はMPOWのベストセラー「T5」のマイナーリニューアル品とのこと。

早速レビューしたいと思います。

本レビュー記事の執筆にあたっては、メーカー様から製品の提供を受けています。

基本スペック

M5の同梱品

イヤホン本体はIPX7防水対応で、コーデックはiPhoneのAACとAndroidのapt-Xの両方に対応しています。

再生時間はイヤホン本体だけで6時間。

ケースも併用でさらに36時間再生可能。

エントリーモデルのイヤホンによく使用されるクアルコム社のチップQCC3020を使用しており、省電力で長時間再生を実現しています。

M5の外観

ころん、としたレザーケース

ケースは丸っこく、握った感じは卵とほぼ同じサイズ感。

コンパクトで重量も軽いですが、充電容量は800mAhあるとのこと。

フェイクレザーは中々の品質

ケースにレザーを使用しているのは、エントリーモデルではあまり見かけない珍しいデザインです。

全体的にマットな黒を多用しており、派手さはないものの、素材感の違いでさりげなくデザイニングされています。

レザーはフェイクですが、質感はさらさらと肌触りが良く、本体の軽さと相まってどこか発泡スチロールのような触り心地。

充電残量LEDは珍しくオレンジ色。普通青が多いよね。

近くで見たら値段相応のチープさが目につきますが、控えめながらもレザーを使用したこだわりのあるデザインは、所有欲を満たしてくれます。

イヤホン本体のサイズ

大豆状のイヤホン

イヤホン本体は平たく、つまみやすい形状。ある程度サイズがあった方が「耳ポジ」を変える時に便利。

形は楕円形で、角度を変えることで自分にあったベストなホールド感が得られます。

色はケース同様マットなブラックがメインで、白いうどん型イヤホンと比べると目立ちめせん。

操作は物理ボタンで、クリック感は強め。操作のたびにビープ音が鳴るため分かりやすいですが、ちょっと音楽の邪魔になるかも。

イヤピはかなり良い。他のメーカーもこれにして欲しい。

ちなみにイヤーピースは弾性の違う2種類の素材(シリコン)を使用しており、遮音性がとても良い。

薄くて柔らかい黒シリコンを外側に、硬いグレーのシリコンをドライバー軸側に使用しており、しっかりとしたフィット感を感じながら、長時間使用でも耳が痛くなりにくい絶妙なフィーリング。

M5の音質

音質は良い。某1万2千円のイヤホンより良かった。

音質が同価格帯と比べて抜群に良く、正直1万円越えのイヤホンに匹敵する音質ではないでしょうか。

低音が少し強調され、ややこもりがちに聴こえますが、ボーカルにしっかりフォーカスされており、透き通った解像度の高い音。

マスクがかったような「壁を一枚挟んだような」音のぼやけがありません。

そのため、ボリューミーな低音とボーカルの両方を楽しませてくれます。

ケースのスペースも広いため、結構大きめなイヤピにも交換可能

音作りとしては音圧が強めで、ややもったりと重たいがパワフルでボリューミーな印象。臨場感があり、イヤーピースの遮音性と相まって曲への没入感が高いです。

高音も控えめながら手は抜かれておらず、細かな音まで再現されています。

イヤホン背面がちょっぴりキラキラしてギャラクシー感がある

ドラムも迫力があり、歯切れも良い。心地よく響く音で音にメリハリを生んでくれます。

音質は全体的に解像度が高いが、良くも悪くも低音の力強さに包まれているイヤホンです。

まとめ

充電はmicroUSB(ケース背面)

Amazonでは800円オフクーポンなども配布されており、5000円強で購入できたらかなりお買い得。

てか最近のTWS(完全ワイヤレスイヤホン)は5000円前後でえげつない音質の製品が増えてきましたね!

一昔前は有線イヤホン一択でしたが、TWSの利便性とコスパは捨てがたいです。

本製品も、IPX7防水でドンシャリ系が好きな方はエントリーモデルとして最適な機種。

はじめてのTWSにおひとついかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA